<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
夜まで待てない。〜いつでも一緒に!〜
出演者:久川綾、石田彰、神奈延年、増田ゆき、成田剣、家中宏、佐藤しのぶ、加藤木賢志、伊藤栄次、うすいたかやす
役名:山根匡貴
原作:太田早紀 (小学館 フラワーコミックス)
発売日:2002年12月23日  発売元:マリン・エンタテインメント
成田さんは山根匡貴役でご出演。山根は司(CV:石田彰さん)の実のお父さんであり、プロのカメラマンです。
山根が出てくるのは、本編のドラマの間にあるEXTRA SWEET部分(トラック2・4・6)と、最後のSWEET4(トラック7)だけです。このEXTRA SWEETと最後のSWEET4は続きのお話になっていて、SWEET4がクリスマス当日、EXTRA SWEETはクリスマスのそれぞれ1週間前、2日前、1日前となります。
EXTRA SWEETはいずれも買出しに出かける商店街。しかもそこに薔薇の花束を抱えて登場(笑) いつも薔薇の花束かカメラを持っているそうです。
そして司と春香(CV:久川綾さん)を見かけてはちょっかいを出しています。どうやら過去に春香にも手を出そうとしていたようなくだりがありますが、ドラマCDでは山根と司、山根と春香の関係とかについてはあまり語られてないので、詳細はわかりません。
舞台は商店街、登場人物は高校生の女の子と小学生の男の子ということで、すごくほわほわした雰囲気の中、山根演じる成田さんが出てきたとたんアダルティーなムードに(^^; これまた普通に「またね」って言ってるはずなのに、なんか妖しい…。「やぁ、奇遇だね」がさわやかに聴こえないのは、ある意味すごいことかと。
でも「おやおや」とか「ふっふっ」という成田さんらしい台詞とかも多いです。
台詞の言い方はなんか海外ドラマをされてるような感じのしゃべり方に聴こえます。聞いてると何故か海外のホームドラマに出てくるお父さんを想像してしまいます。
といいつつ、この役は本当妖しいというのがピッタリな感じですvv
でも、司のお父さんてことで、SWEET4ではちゃんとお父さんらしいこともされてます。やり方はやっぱり妖しいですし、これまたプレゼントの中身を知れば変態度アップなんですが(^^;
それにしても、何故山根は薔薇の花束抱えてるのでしょう…。←気になってるのはここらしい(^^;


あらすじ。
親の仕事の関係で日本で一人暮らしをしていた春香だったが、親が再婚したことで小学生の弟ができた。その弟と二人暮らしをすることになったのだが、天使のようにみえた司だったが、二人きりになると「好きだ」ってせまってきて…。最初はとまどってたものの、司のアタックに段々と落ちていく春香。他に実は春香を好きな哲平(CV:神奈延年さん)と、そんな哲平を好きな春香の親友今日子(CV:増田ゆきさん)の二人を巻き込んで別荘に出かけたり、風邪をひいて看病したり、また二人の周りにちょこちょこと司の実の父親が現れたりしながら、段々と二人の仲が接近していく様子を描いているCDです。


石田彰さんが小学生役を小悪魔的にされててかなり可愛いですし、成田さんは上でも言ったように妖しいですし、神奈さんもちょっと熱血入ってて素敵だったりなんですが、小学生の血はつながってなくても弟に熱烈にアタックされるうちに落ちてしまうなんていう話の根本的なところが全然理解できないので、全く楽しめないCDでした(涙)
それにしても石田彰さんの子供っぷりは可愛いですねー。計算高そうなところもバッチリ演じ分けられてまして、本当すごいです。
そんな声優さんの熱演もあるにもかかわらず、オススメ度は☆1つ(満点は☆5こ)くらいです。姉弟の関係なんかが好きなんて人には楽しめるかもしれませんが、その関係が理解できない人には結構きつい話かもしれません。
お時間・金銭的に余裕があるときに聞かれてみてはいかがでしょうか。
| ドラマCD | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://pureflowers.jugem.cc/trackback/93