<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
少年進化論 plus
出演者:緒方恵美、石田彰、成田剣、水樹奈々、笹沼晃、他
役名:杉野
原作:くさなぎ俊祈
発売日:2000年12月6日  発売元:キングレコード

大人気アイドル麻生水樹(CV:石田彰さん)は、実年齢29歳しかも砂名(CV:緒方恵美さん)という14歳の子持ちのくせに、テレビでは16歳と13もサバをよんでいた。それだけではあきたりず、気の向かないときには同じ顔をしている息子に代わりをさせたりしている極悪人だったり…。そのときは逆に父親が息子の代わりに学校へ行ったりしている、自分勝手な男でした。
事情を知ってる杉野にフォローされながら、父の代わりにテレビに出ることになった砂名は、そこで泉志穂(CV:水樹奈々さん)と出会う。
父水樹と志穂がキスシーンもある映画化が決まり、複雑な砂名。そんな中、二人の熱愛デートのスクープが流れてしまい…。


成田さんはマネージャー役。水樹と砂名の事情を当然知ってる人で、砂名が代わりにアイドルの仕事をしなければならない時に、水樹のワガママを責めながらも「大丈夫大丈夫〜!」を砂名をノせてしまう、敏腕なんだか人想いなんだかわからないようなお人です(笑)しかも、水樹に感化されてるのか、実はかなり意地悪い人なのかも。そのあたり、成田さんとっても上手く演じられてます。
マネージャーなので、結構明るく元気な感じのキャラです。その割りに声は少し低めかな。仕事は当然、家の中にもいたりするので、杉野は出番結構多いです。


後このCDは途中にエキストラステージがありまして、砂名の小さな頃(4歳のときと生まれたばかりの頃)のお話も収録。
10年前(砂名4歳)では、砂名の無邪気な質問から始ります。「赤ちゃんはどこから生まれてくるの?」
それを聞いた水樹と杉野は焦り、困った水樹は「杉野のおじちゃんなら知ってるかもー」と杉野にたらいまわしにしようとするが、水樹の脅しにひるみつつも断る杉野の二人の言い合いが息あってて面白かったです。そしてそこに無邪気に問いかける子供声の緒方さんがこれまた可愛くてvv なんだか子供一人にパパ二人というどこぞのホ○カップルな感じもしないでもないですが(爆)、ほんわかとして素敵です。
14年前(砂名生後数日)では、水樹(父の方)が「麻生水樹」と母親の名前を覚えこませようとするところから始ります。麻生水樹というのは、砂名の母親の名前だったのですね〜。生まれたばかりの砂名を抱えた水樹に、水樹(母の方)の父親が15年分の生活費を渡し、そして将来は自分のために働くことを約束させるのでした。弁済のためだそうで、水樹(くどいようですが母親の方)が亡くなったこととかと関係あるのかな。そして、2年前(砂名12歳)の時に自分の事務所からデビューしろと言われ、そのときに芸名をどうするか聞かれた水樹(父の方)は、「麻生水樹」でいくと答えたのでした。だから、今アイドルしてるんですね、お父さんは。
お話の主は、父と息子の係わり合いと、そして砂名と志穂との恋物語なんでしょうが、そんなほんわかとしたお話の裏では結構思いお話があるのかもしれません。
にしても、29歳で中学生にも見える容姿っていったい…(^^;

キャストもとっても素敵でした。特に水樹役の石田彰さん!表ではカワイコぶりっこ、そして裏ではドスきかせて息子にいうこと聞かせる部分のギャップが素敵すぎです。特にブラックな部分の石田さんは最高です!

6月にキャストは同じで、再度ドラマCD化されるので、キャラがどうなってるのか聞くのが楽しみです。
聞き比べてみるのも面白いかもしれませんね(^^)
| ドラマCD | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://pureflowers.jugem.cc/trackback/83