<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
invisible sign -イス-
出演者:関智一、石田彰、相沢正輝、成田剣、中井和哉、鳥海浩輔、荻原秀樹、斎賀みつき、雪野五月
役名:吉永貴也、コメンテーター、霊A
発売元:lapin(bunny hole studio)

ネババレ含まれますのでご注意
アヤシイの一言につきます!吉永センセ、アヤシイすぎです。というか、授業中に生徒誘惑しないように(笑)
吉永先生は生物学の教師です。でもって、この全年齢版のゲームの中で、遼(CV:鳥海浩輔さん)と二人でBLな部分を担当されてます(^^; 内田先生かスタッフの方が「全年齢版ですが、そういった(ボーイズラブ系)シーンがないわけではありません」とかかれてましたが、でも普通に絵が出てくるとは思ってませんでした…。まんまそのシーンってわけではないですが、におわすCGがいろいろと…。ここまでやるならも年齢制限つけてよ!と言いそうに(苦笑)成田さん自身もアフレコ後に「物足りない」っておっしゃってましたしねぇ。ただ、残念ながら、声は導入の部分で終わりです。
にしても、本当にアヤシイ人です。あんな教師がいたら、学校は即座にクビを言い渡さないと、生徒がどんな目にあってるやら…。学校のちょっとさびしそうな生徒につけ込んでは、関係を持ったりしていたお人だそうです。まぁ、あの声で迫られたら、私なら100%で堕ちるかも。本当こういった変態系の演技上手いですね!←一応ちゃんと褒めてます。だって、本当に上手なんですもの!!
吉永先生のお声は本当にフェロモン系で、誘ってる〜!!って感じです。そして今回は変態に続き、新たに「ケダモノ」と呼ばれてました…。ケダモノ…、ええまさにケダモノでしたね。

ゲーム自体は攻略は簡単なほうだと思います。選んでない選択肢を選んでいけば、あまりにもヘンな答えをしない限りは何かしらのエンドにたどり着けると思います。
一応フルコンプはしましたが、どの選択肢が重要なのかはわかってません(爆) ただ、私の場合バッドエンド全てで二つ目の選択肢を「陣内先生のようには強くなれない、と諦める」を選んでました。多分まず最初の「薬」を飲むか飲まないか、そして次の「陣内先生」のように強くなりたいかなれないと諦めるの組み合わせは重要なのかもしれませんね。特に「薬」は結構重要な小物ですので、この選択肢はかなり重要だと思ってます。が、どう係わってきてるのかはさっぱりで…。
私のたどった道になりますが、攻略を自分の日記にあげてますのでトラバはっておきます。よければご参考にどうぞvv

さて、お話はある殺人事件がおきたところから始ります。殺されたのは学園の生徒。しかもその生徒の額には「I」という文字が切り刻まれていた。
そして相澤舜(CV:関智一さん)はこの世にいないはずのものを見ることのできる能力があり、彼はその殺された生徒のことも見えてしまう。そのことにより、警察にも疑われることになる。彼の横にいる親友の真琴(CV:石田彰さん)、小さい頃からあまり親しくない同級生遼、幼い頃から面倒を見てくれている主治医の成宮(CV:相沢正輝さん)、明らかに瞬を狙っている生物教師吉永、よく怪我の手当てなどをしてもらってる保険医の陣内(CV:斎賀みつきさん)、警察の松岡(CV:中井和哉さん)や林原(CV:荻原秀樹さん)、そして突然舜の前に現れた、昔誘拐されて殺された兄と同じ名前の少女凛(CV:雪野五月さん)という人物がからんできて、事件の真相に迫ったり、舜の兄凛の失踪の謎に迫ったりするゲームです。

お話自体は面白かったです。1ルートがそれほど長くないというのも影響してるのでしょうけど、わかりやすくて面白かったと思います。が、選択肢によってその後の会話などが変わるわけではなく、ルートの変更に影響を与えるだけなので、ちょっと話の整合性がない部分があります。ちゃんと読んでも意味が?な部分があるかもしれないです。たいていは何回か繰り返しやっていけば、それを補完してくれる部分もあるので、後は自分の脳内で完結してください(笑)
最終的な真相エンドは、舜の兄の凛が幼い頃に誘拐された事件の謎を解くことです。そこを見て初めて舜と真琴と遼の関係がわかります。途中までプレイすると、この最後の結末は予想できるかも。
ただ、この兄凛が誘拐された話のことは解決するのですが、そこに至ることになった学園の事件はスッキリしません。フルコンプした今でも、誰が犯人なのかわかならいんですけど…。一応、お話の中で二つのルートだけ次に続くという終わり方をしているので、続きに学園殺人事件の解決編が含まれることを期待しています。

役者さんについては、まずは関さんお疲れさまって感じです。多重人格という設定上、今回は主人格の舜、第二人格のシュン、そして母親が乗り移った佳月という三人を演じ分けられてます。本当すごいです!瞬とシュンの切り替えは本当にちゃんとわかります。
他のキャストの方もちゃんと声あってたと思います。女性陣のお二人も素敵でした。特に雪野さん。私雪野さんといえば『犬夜叉』のかごめちゃんのイメージしかないのですが、凛は当然ですけどかごめとは全然違って、声優さんてすごいなぁと思います、本当。こういうサバサバした感じの女の子って好きです。
キャラの話になると、鳥海さん演じる遼が可愛いです〜♪最初はすごいヤな奴って感じの役回りなんですけど、段々と素直になってくるとこれがまぁ可愛いのですよ!!すねてるところなんて抱きしめてあげない感じで。何故吉永先生のところに行く!!と言いたいくらいオバカですけど、かなり可愛いです。まぁ、それは舜に対してもそう思いますが。

作品の評価としては、ちょっと内容の整合性がない部分があったのと、殺人事件のほうがスッキリしないので5段階中3.5くらいなんですけど、お勧め度としたら4.5くらいかな。
早くゲームの続編や、この後展開されるといわれてるドラマCDなどを楽しみにしたいと思いますvv

| アニメ・ゲーム | comments(0) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://pureflowers.jugem.cc/trackback/74
トラックバック
PCゲーム『invisible sign-イス-』の攻略をまとめてみました。攻略に行き詰ってる方がいらっしゃったら、ご参考にどうぞvvただ、私の行き着いたものですので、多少選択肢をかえてもたどりつける部分もあると思います。また、一応ルートは確かめてますが、もし間違いが
*日々迷走中* | 2005/03/22 9:59 PM
トラックバック
invisibleasigna-ŤŹ-
foto paris hilton | 2007/04/30 4:20 PM